空気から水を作る装置「AWG」とは

空気から水を作る装置「AWG」とは

空気から水を作るAWG。安心・安全な飲料水がいつでも確保でき、環境にも優しい装置です。水不足に悩む海外の地域だけでなく、災害時に役立つことから日本でも注目を集めています。AWGという名前は聞いたことがあるけれど仕組みまでは知らない、という方も多いかもしれません。今回はAWGが空気から水を作る仕組みやメリットについてご説明したいと思います。

AWGとは

AGW(Atmospheric Water Generator)は、空気から水を作る装置のことです。

我々日本人にとって、水は当たり前のようにあるもの。しかし最近では記録的な猛暑や地球温暖化により、日本国内でも水不足が問題視されています。

水が不足すると飲料水もなく食物も育ちません。私たちの生命に欠かせないのが水です。

AWGは空気中の水分から飲料水を作るので、使用制限の心配がいりません。クリーンな循環システムとバクテリア除去フィルターが搭載されているので、いつでも安心・安全な水が確保できる装置なのです。

水問題で悩む地域だけでなく、日本国内でもニーズが増加しています。

世界には水で悩む人々がいる

私たち日本人にとって、安心して水を飲めることは当たり前となってしまった今日。しかし世界中では安全な飲料水にアクセスできず、深刻な水問題に悩まされている国があります。

池や川など飲料水には適さない水源しか確保できないことから、感染病や重篤な病に苦しむ人々がいるのです。

サラスティアではそれぞれの国が抱える水問題を解決できるよう努め、空気から水を作る安心・安全な飲料水が世界中の人々にとってグローバルスタンダードになることを目指しています。

日本でも水不足が深刻化する可能性がある

日本でも水不足が深刻化する可能性はあります。

水不足と言われても、あまりピンとこないかもしれません。今の日本では水道から安全な水が出ることが当たり前になっていますし、雨も多い国です。そのため水が豊富にあると思うのも無理ありません。

年間降水量を見ると世界平均の約1.6倍も。しかし一人あたりの量で計算すると、世界平均の4分の1程度しかありません。また降った雨もすぐに海に流れたり蒸発したりしてしまうため、実際に使える水の量は降水量のわずか20%程度というデータもあります。

それなのに、日本人一人当たりの生活用水使用量は、世界第2位。水が豊かだという思い込みから、必要以上に水をたくさん使ってしまっているのです。

最近は温暖化により積雪量も減り、春の雪解け水が減ってしまっているのも水不足の原因だと言われています。

このままでは水不足が深刻になり、日本も水問題に悩まされる日が来るかもしれません。

空気から水を作る仕組み

サラスティアは独自技術により、空気からおいしい水を作っています。

①空気を取り込み特殊エア・フィルターを通して空気中のホコリやゴミを取り除く
②熱交換器によって空気中の水分を結露させ水を作る
③5本の水ろ過フィルターを通してきれいな飲料水にする

以上の方法で空気から水を作ります。空気を強制的に温めて結露を作ることで、空気が水に変わる仕組みです。

空気がそのまま水として提供されるわけではありません。小さなホコリやゴミを取り除き、ろ過循環を繰り返すことで安全が確保された飲料水となるのです。

空気から作る水は汚染されていないのか

空気から作る水は本当に安全なのかと、疑念を持つ方もいるかもしれません。

空気と言っても自然の澄んだ空気なのか、大気汚染がひどい空気なのか、環境によっても異なります。しかし空気から水を作る仕組みを見て頂いた通り、汚染された水が作られることはありません。

空気中のホコリやゴミを取り除く特殊エアとフィルターは、どんな環境の空気にも対応している技術です。また5本の水ろ過フィルターが濾過循環を繰り返すことで、クリーンな水を提供できるのです。

空気から水を作るメリット

空気から水を作ることで、様々なメリットが生じます。水問題で悩む国が救われるだけでなく、私たちの暮らしをより豊かにしてくれるのがAWGです。

水を貯蓄しておく必要がない

AWGは水を貯蓄する必要がなく、スペースを取りません。

災害時の蓄えとしてペットボトルの水を貯蓄したり、ウォーターサーバーのボトルをストックしたりしている方もいると思います。

AWG搭載のウォーターサーバーなら必要なときにすぐ水を作り出し、タンクに貯めておけます。面倒な注文もいりませんし、経済的です。

災害時に飲料水や医療用水が確保できる

空気から水を作るAWGは放置したまま水が貯められるので、災害時に役立つことが注目されています。

2019年に起きた豪雨や台風の際、慌てて飲料水を買いに行く方が目立ちました。AWG搭載のウォーターサーバーは電気が使える場所ならいつでも水を作り出せ、使用制限の心配がいりません。

また医療用水の製水も可能なため、医療現場でも安心して使えます。私たちのライフラインを繋いでくれるウォーターサーバーなのです。

災害時に役立つというのは、何よりも大きなメリットです。

環境に優しい

AWGは安心して飲める水を作り出すだけでなく、環境にも優しいのが特長です。

空気から水を作るAWGは、地下水源や海洋水を使いません。

地下水道から飲料水を汲み上げることにより、地盤沈下が問題視されています。地盤沈下が起きると、不等沈下による建物や道路、地下配管の破損が起こることもあります。

また海洋水から飲料水を作る場合も、海水の塩分濃度変化により海洋資源や生態系への影響が始まっていることがわかっています。このような二次被害がないのも、AWGの強みです。

飲料水を変えるだけで、私たちが暮らす環境を守っていけるのです。

世界中の全ての人に安心・安全な水を届けたい

サラスティアのAWGで、世界中の全ての人に安心・安全な水を届けたい、それが私たちの目標です。

私たちの生命を維持するために欠かせないもの、それが水。空気から水を作るAWGでそれぞれの国が抱える水事情や水問題にも対応し、人々の暮らしがより豊かになることを目指しています。

日本もいつ水不足が深刻化するかわかりません。私たちが水に対しての意識を高めることで、暮らしや未来の環境を変えていけるのです。

サラスティアのAWG。サラスティア ネオ20

サラスティアのホーム&オフィスシリーズのAWGであるサラスティア ネオ20は、国内で販売されているAWG製品として最小・最軽量※1で厚生労働省が定める水質検査をクリアした安心安全な飲料水をつくります。

サラスティアネオ20の詳細はご確認いただけます。

記事のカテゴリー

  • サラスティア

  • ライフ

  • 水問題

  • コラム

PageTop