「人体と水の関係」水分不足がもたらす人体への影響

人体はほとんどが水分で構成されていて、その水分が失われると健康を維持できません。深刻な水分不足は食欲不振や頭痛・発熱を引き起こすだけでなく、人を死に至らしめるケースもあります。

水分を失った体にはどんな変化が起きるのか、失われた水はどう補えばいいのか、今回は人体と水の深い関係をご説明いたします。

人体と水の関係

人体のほとんどが水でできていることは、ご存じの方も多いでしょう。成人男性の場合は約60%、子どもは約70%、新生児は約80%と、体内のほとんどを水分が占めています。

しかし体内の水分は、ずっと体の中に留まっているわけではありません。汗や尿、あらゆる方法で体の外に排出されます。人は体内の水分が2%失われるだけで喉の渇きを感じるようになります。水分不足が進行すると脱水症状を引き起こし、命を落とす危険性がでてくるのです。

そのため、健康な体を維持するためには、体内の水分量を保たなくてはなりません。では、体内の水分はどのようにして失われていくのでしょうか?1日の水分量の変化についてご紹介いたします。

体内の水分はあらゆる方法で外へ出ていく

体内の水分はあらゆる方法で外へ出ていきます。最もシンプルでわかりやすいのが、尿や便です。健康な人の場合は尿で1日に約1,200ml、便で約100mlの水分が排出されます。

よく、窓に息を吹きかけると曇りますよね?あれは、私たちが吐く息にも、肺から出た水分が含まれており、窓ガラスに付着し結露ができるからなのです。そして、息を吐くことで排出される水分は、1日で約400mlとされています。

また、実は皮膚からも水分が出ていることをご存じでしたか?体内の水分が皮膚の表面に到達し、皮膚から蒸発して外へ出ていくのです。その量は、1日約600mlに達します。

これらを合計すると、なんと少なくとも1日約2,300mlの水分が体から失われていることになり、汗をかけばさらに排出量は増えることになります。

人体は水分を失うとどうなる?

水分が失われると、人体にはさまざまな症状が起きるようになります。水分不足が進行するとどうなるのか、減少量と体に起きる主な症状を見てみましょう。

水分の
減少量
体に起きる症状
2%喉の渇きを感じ始める
3%より強く喉が渇き、食欲不振などの脱水症状が見られ始める
4%体温が上昇し、疲労感に加えてイライラなど精神面の不調が見られることも
5%頭痛や発熱が起き脱水症状が悪化する
8~10%痙攣や循環不全が起こる
20%以上死に至る可能性も

喉の渇きから始まり、さらに水分が失われていくことで健康状態が損なわれていきます。20%以上の水分が失われると健康面の影響だけでなく、生命の危機に晒されるケースも出てくるため大変危険です。

特に、汗をかきやすい夏や水をあまり飲まない冬は脱水症に陥りやすいため、こまめな水分補給で対策をしたいですね。

冬の脱水症については、こちらの記事をご参照ください!

失われた水分を補う方法

失われた水分はしっかり補給して、体内の水分量を保たなくてはなりません。水分を補う方法は「代謝水」「食事」「飲料による水分補給」の3つです。

代謝水

代謝水とは、体の中で作られる水のことを指します。代謝水が作られる量は1日約200ml。食べ物を口にして体に運ばれた栄養素は、体内で燃焼され、その時にできるのが代謝水です。

しかし1日に少なくとも約2,300mlの水分が排出されるわれるわけですから、代謝水で完全に補うことはできません。そこで必要になるのが、食事と水を飲むことです。

食事

私たちが普段口にする食事のほとんどに、水分は含まれています。例えばお味噌汁やお米、サラダなど。食事で摂取できる水の量は、1日約600mlです。

意識的に水分量の高い食べ物を摂取するのも、良い水分補給の方法ですね。特に夏野菜には水分を多く含む食材が沢山あります。

夏野菜に含まれる水分量

  • レタス…95.9%
  • きゅうり…95.4%
  • トマト…94%
  • ナス…93.2%
  • スイカ…89.6%

これらの野菜はほとんどが水分でできています。他にも主食として食べられるお米は60%、食パンは38%が水分。私たちが思っている以上に、食事には水分が含まれています。

1日3食きちんと食べることは体内の水分を補うことにも繋がり、健康を保つ上で大切なこととなります。

水分補給

代謝水と食事で得られる水分量は合計で、約800mlとなりますが、排出される約2,300mlには足りないままです。ですのでその分はお水を飲んで補う必要があります。

不足分を考えると1日に飲む水の量は最低でも約1,500ml。汗をかく時はさらに多くの水を飲む必要があるため、約2,000mlが補う水分量の目安となります。

水の飲み方や飲むタイミングについては、過去ご紹介した記事などを是非ご参照ください!

私たちの健康維持に欠かせない水

脱水症状による体の不調は、体のだるさ・めまい・頭痛など生活の中で、身に覚えのある症状が多くあります。ですが、不調を感じた際に脱水を理由に感じる機会は少なく思います。健康を保つ上で、水は欠かせない存在です。そのために、失われる水分はしっかりと生活の中で意識して上手に補うことで、健康な体を保つ一助となります。

是非、この機会に普段の水分量をチェックしてみてください。

フォロー

この記事を気に入っていただけたら
フォローをお願いします。

サラスティア PV

記事のカテゴリー

  • サラスティア

  • ライフ

  • 水問題

  • コラム

PageTop