3月22日は「世界水の日」世界の水問題から水の大切さを知ろう

3月22日は「世界水の日」世界の水問題から水の大切さを知ろう

国連が定めた「世界水の日」をご存知ですか?私たち人間にとって水は欠かせないものであり、安全な水にアクセスできることへの重要性を世界中の人々が考えるための日として、作られました。世界には安全な水が使えない人々がいます。世界の水の現状や私たちにできることを、世界水の日を通して知っていきましょう。

世界水の日はなぜできたのか

1992年12月の国連総会にて、毎年3月22日を「世界水の日」にすると定められました。

世界水の日ができた理由、それは世界の水問題の現状にあります。

私たちが暮らす日本では、水道の蛇口をひねれば安全な飲料水が出てきます。トイレや手洗い場などの施設も、家庭に限らず学校や会社などほとんどの場所に設備されています。

しかし世界を見れば、安全な水にアクセスできない人々がたくさんいるのです。

同じ地球、同じ時代を生きているのに、国や地域によって大きな差がある現状。水が使えることをあたりまえだとは思わず、世界の現状に関心を持たなくてはいけません。

水は大切なものであり安全な水を使えることは肝要であると、世界中の人々が考えるための日として定められたのが世界水の日です。

世界の水問題の現状

ここからは私たちが知るべき、世界の水問題の現状を見ていきましょう。

安全な飲料水を確保できない。

世界には人口の12%にも及ぶ約9億人もの人が、汚い水を飲んで暮らしています。汚染された水だとわかっていても、それを飲まなくては命を繋ぐことができないのです。

汚い水を飲んだことにより、下痢を起こし脱水症状を引き起こしてしまうなど、身体にも悪い影響を与えます。特に免疫力の少ない子どもは影響を受けやすく、多くの子どもたちが命を落としている現状です。

日本は水道から安全な飲料水が出てきますね。それだけでなく、ウォーターサーバーやペットボトルに入った水を買って、どの場所にいても美味しい水が飲める生活です。

あたりまえだと思う水と私たちの関係は、世界から見ればとても恵まれていること。水道の水が飲めるのにもかかわらず、わざわざ水を購入して飲むというのは、贅沢なことなのです。

トイレや手洗い場などの充分な水道施設がない

世界の水問題は飲料水だけに限りません。

トイレの環境に恵まれた私たちにはイメージが沸きにくいかもしれませんが、世界には野外で排泄をする人々がいます。女性や思春期の子どもにとって人目の付く場所で用を足す行為は、精神面にも大きなダメージを与えます。個室に区切られたトイレを使うのは、人々の尊厳のためにも必要不可欠なことです。

また環境が整っていないトイレや手洗い場を使うことは、疫病のリスクを高める行為に繋がります。命を落とすのは安全な飲料水を確保できないことだけではなく、不衛生な設備にも原因があるのです。

きれいな水を作るには莫大な費用がかかる

きれいな水を作り出すためには、莫大な費用が必要となります。

私たちが暮らす日本では、雨や雪解け水から作られた川の水を水源にし、水道へ水を届けています。しかし川の水をそのまま使っているわけではありません。なぜなら川の水には有害物質や菌が多く含まれており、飲料水には適さないからです。

ではどうやって安全な飲料水に変えているのかというと、浄水場や配水場など水をきれいにする施設で、高い技術の上徹底的な管理を行っているのです。

またトイレなど生活用水として使われた水をそのまま川や海へ流せば、水が汚染されてしまいますよね。そのため私たちが使った水をきれいにする施設もあります。

きれいな水を作る、私たちの元へ届ける、使った水をきれいな状態で自然に返す。これらを可能とするためには、非常に多くの設備投資と費用が必要になるのです。

きれいな水を作ることは貧困に悩む国にとって、極めて困難なことです。

世界の課題は、世界中の人々に安全な水を届けること

きれいな水を届ける、汚れた水をきれいに自然に返すための施設は、安全な水を得るために必要不可欠です。しかしながら世界では浄水施設が整っていません。

安全な水がなければ、作物も育ちません。身体に必要な栄養が得られず病気にかかるリスクも高まります。そしてまた満足のいく医療機関を整えるためにも、水が必要となるのです。

水問題で苦しむ人々の命を繋ぎ暮らしを守っていくため、安全な水を普及させることが世界の課題。

世界中の人々に安全な水を届けるために、私たちになにができるのか、そのきっかけを作るのが世界水の日です。

日本もいずれは危機に陥る?水不足は他人事ではない

日本は年間を通して水の資源となる雨が多い国です。そのため充分な水資源があると思っても仕方ありません。しかし実際は、日本もいずれ水不足に陥ってもおかしくない状況です。

というのも、資源となる雨は大半が海に流れたり蒸発したりしてしまうため、実際に使える水は降水量の約20%程度しか確保できません。

また近年は地球温暖化が進んだことにより、川に流れる春の雪解け水も減少しています。

充分な水資源があるように思える日本ですが、一人当たり使える水の量は世界平均の4分の1程度しかないのが現状です。

それなのにも関わらず、私たち日本人は水資源が豊富にあると勘違いして、水を必要以上に使ってしまっています。このままではいずれ、日本も水不足に悩まされる日がやってくるのです。

決して他人事だとは思わず、水を大切に使うよう心がけましょう。

水資源を守るためにできること

日本の水資源を守るためには、一人一人が水の大切さを知り無駄使いしないことが重要。

例えば、シャンプーをしている間もシャワーの水を出しっぱなしにしていませんか?シャワーの水を1分間出しっぱなしにするだけでも、約8~12リットルの水が無駄となります。

他にもお風呂の残り湯を洗濯や掃除に使う、食器を洗うときは事前にキッチンペーパーで汚れを拭き取り蛇口の水を出しっぱなしにしないなど、節水を心がけることが大切。

生活を振り返ると、思っているよりも水を無駄に使っていることに気づくはずです。

また水不足の原因となる地球温暖化に対しても対策も必要です。

エコラベルやエコマークのついた製品を購入したり、自動車ではなくバスや電車などの公共機関を使うことで二酸化炭素の排出を削減したり、私たち個人でもできることはあります。

「自分がやらなくても誰かがやる」という考えを全員が持ってしまえば、日本にも深刻な水不足問題が訪れます。

「自分がやればみんなもやってくれる」そう考え、できることから取り組みを始めましょう。

水の大切さを知り、私たちにできることを考える

私たちのライフラインである水。水がなければ生きていくことはできません。

しかし世界を見渡せば、水不足に悩む人々がたくさんいます。世界水の日は、そんな世界の水事情に目を向けて水の大切さや私たちにできることを考える日です。

毎年3月22日には、家族や大切な人と一緒に世界の水問題を知り、共にできることを話し合ってみてはいかがでしょうか。

3月22日は「世界水の日」世界の水問題から水の大切さを知ろう
フォロー

この記事を気に入っていただけたら
フォローをお願いします。

サラスティア PV

記事のカテゴリー

  • サラスティア

  • ライフ

  • 水問題

  • コラム

PageTop