花粉症は水分補給で対策できる?【アレルギーと水の関係性】

花粉症は水分補給で対策できる?【アレルギーと水の関係性】

今年もこのつらい花粉の季節がやってきました。鼻水やくしゃみなどの症状が続くと、肉体的にも精神的にも辛いですよね。

実は、体内の水分が不足すると、老廃物や余った水分が体に溜まってしまい、花粉症が悪化してしまう可能性があるそうです。そこで!今回はアレルギーと水の関係性から、水分補給で花粉症を対策する方法をご紹介いたします。

日本人の多くが悩まされる花粉症

花粉症とは、植物から出る花粉が体内に入ることで起こる、アレルギー疾患の1つです。くしゃみ・鼻水・鼻づまり・かゆみなどが主な症状ですが、重度な花粉症になると頭痛や吐き気などを伴うこともあります。

日本では、春のスギ花粉が代表的ですね。スギは日本が原産国であり、日本人の4人に1人がスギ花粉症を発症していると言われています。花粉症の原因はスギ花粉だけではありませんが、春になると目が痒くなったり、くしゃみや鼻水が止まらなくなったりと辛いアレルギー症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

花粉症対策としてマスクや薬は一般的ですが、その他にも方法は様々で毎年、花粉症対策の新作商品を見かけます。しかしながら現状、新たな治療方法の開発が進められているものの完治は難しく、自分に合った方法で花粉症と向き合っていくしかありません。

【アレルギーと水】水分不足は花粉症を悪化させる?

花粉症を悪化させる一因として考えられるのが、水分不足です。東洋医学では、花粉症を含むアレルギー症状は「水毒(すいどく)」と呼ばれる余分な水が体に溜まり、鼻水や涙として体外へ放出しようとすることで起こると考えられています。

水毒が体に溜まる主な原因となるのは、食生活やストレスです。特に胃に負担のかかる飲食時は注意が必要です!暴飲暴食やダイエットによる食生活の乱れ、塩分の多いものを避け消化吸収の良い食生活を心がけることで水毒の原因を抑えることができます。

また、ストレスを溜めない生活を心がけることに加え、適度な水分補給で余計な水毒を排出してあげることが重要となります。

とはいえ、ただがむしゃらに水をたくさん飲めば良いというわけではありません。水をむやみに飲むとむくみの原因となったり、かえって逆効果になる恐れがあります。花粉症対策には、適切な量を適切なタイミングで水分補給することが大事です。

花粉症対策での水分補給法

ここからは花粉症対策に有効な水分補給の方法を、詳しく見ていきましょう。

冷水ではなく白湯を飲む

花粉症対策の水分補給には、白湯(沸騰させたお湯を約50℃まで冷ましたもの)が最適です。冷水は吸収スピードが高く、体に負担がかかります。また体が冷えて、アレルギー症状を悪化させる原因となる水毒を溜めやすくなるため、避けましょう。

白湯をゆっくりと飲むことで、体がじわじわと温まり、免疫力や基礎代謝を上げてくれる効果や炎症を緩和し、花粉症の症状を抑える働きが期待できます。老廃物や余分な水分を排出するデトックス効果もあるため、花粉症対策にぴったりです。

また白湯には、薬を飲むことで起きる副作用もありません。副作用による眠気が気になる方や、薬を飲めない方でも、簡単にできる花粉症対策といえるでしょう。

1日1500~2000mlを目安に飲む

1日に摂取する水の目安量は、約1500~2000mlです。よく芸能人の方が美容や健康のために、1日にペットボトル1本(2000ml)の水を飲んでいる、なんて話をしていますよね。これには、きちんとした理由があります。

人間の体はほとんどが水分でできています。とはいえ体内の水分は、常に体に留まっているわけではありません。尿や便と一緒に排出されたり、息を吐くことで一緒に体外へ出されたり、さらには皮膚からも水分が蒸発することで、1日約2,300mlの水が失われます。汗をかいたときは、それ以上の水分が失われることに。

失われた水分は、代謝水(体のなかで作られる水)で約200ml、食事で約600ml補えます。しかしそれだけではまだ、約1,500ml分の水が不足したままですよね。ですから1日約1500~2000ml分の水分補給が必要だというわけです。

適度な水分補給をすることで、尿や便の排泄がスムーズになり、老廃物が排出され水毒の予防にもなります。つまりはアレルギー症状の悪化を防いでくれることから、花粉症対策に繋がるのです。

1度にコップ一杯分の量を飲む

1度に飲む水の量は、コップ一杯分(200ml)がおすすめ!なぜなら人間の体が1度に吸収できる水の量が、200mlまでだからです。たくさんの水を一気に飲んでも、ほとんどが汗や尿として体外へ排出されてしまいます。

水を飲むタイミングは「寝起き・就寝前・食事の前」がおすすめ!寝起きや就寝前に水を飲むのは、寝ている間に発汗や呼吸で失われる水分(約500ml以上と言われています)を補給するためです。

また食事中に水分補給をしすぎると、消化酵素が薄まり、消化の働きを抑えてしまいます。したがって食事の前に水を飲むことが理想的です。

その他運動後や入浴中など、汗をかく時なども水分補給に最適なタイミングです。仕事中、家事の合間にもこまめな水分補給を心がけ、1日の目安量を飲むようにしてください。たくさんの水を1度に飲んでも、思うような効果は得られません。コップ一杯分の水をこまめに飲むように心がけましょう。

花粉症の症状はお風呂でも緩和できる

実は、お風呂でも花粉症の症状を緩和できます。体や髪に付着した花粉を落とせますし、お風呂の湯気を吸いこむことで、鼻腔に入った花粉を洗い流すことができるからです。鼻腔やのどを保湿し、鼻炎や鼻水といった症状を和らげる効果も期待できます。

一時的な対策にはなりますが、「もう花粉症が酷くて酷くて、我慢できない!」という方は、時間を作ってゆっくり湯船に浸かってみてくださいね。

過去の記事では、入浴によるストレス解消やリラックス効果についても解説しております。併せてご参照ください!

【入浴のススメ#01】ストレス解消、リラックス効果抜群の入浴法!

サラスティアなら高性能フィルターで花粉症をW対策

花粉症対策を行う上でおすすめしたいのが、私たちサラスティアのウォーターサーバーです。いつでも美味しい水が飲めることに加え、室内の花粉をほとんど除去できます。1台あるだけで花粉症をW対策できる優れものです。

サラスティアのウォーターサーバーは「ヘパエアーフィルター」(正式名称:High Efficiency Particulate Air Filter)と呼ばれる高性能フィルターを搭載。ヘパエアーフィルターは主に空気清浄機やクリーンルームで使われており、空気中を浮遊する微細なホコリや花粉をしっかりキャッチしてくれるので、空気清浄機としても機能します。

電源に繋ぐだけでいつでもお湯と冷水が出せるため、白湯も簡単に作れます。花粉症対策に欠かせない水分補給に加えて、お部屋に入り込んだ花粉も99.7%捕集。花粉症に悩む方にぜひとも使っていただきたい、ウォーターサーバーです。

サラスティアのウォーターサーバーについては、過去の記事で詳しくご紹介しております。是非ご参照ください。

#04.【高性能フィルター】捕集率99.97%で花粉やハウスダストなどをしっかりキャッチ!

#01.サラスティアはどうやって空気から水を集めているの?

適度な水分補給で花粉症を対策しよう

水分不足は花粉症を悪化させてしまう可能性があります。そのため適度な水分補給をして、デトックスを行うことが大切です。花粉症の症状が深刻で、日頃水分不足を感じている方なら、こまめに水を飲むことで症状が改善できるかもしれません。

また水分不足は花粉症に拍車をかけるだけでなく、慢性的な便秘やむくみ、頭痛や吐き気などの不調を起こしてしまう原因にもなります。健康な体作りには、水分補給が欠かせません。花粉症は日々の習慣やちょっとした努力で緩和できる可能性があります。今回ご紹介した水分補給方法で、今年の花粉シーズンを一緒に、乗り切りましょう!

花粉症は水分補給で対策できる?【アレルギーと水の関係性】
フォロー

この記事を気に入っていただけたら
フォローをお願いします。

サラスティア PV

記事のカテゴリー

  • サラスティア

  • ライフ

  • 水問題

  • コラム

PageTop