「マスク荒れ」にはお肌の水分補給を!肌荒れの原因と予防策

「マスク荒れ」にはお肌の水分補給を!肌荒れの原因と予防策

あなたは「マスク荒れ」に悩まされていませんか?マスクを付ける生活が当たり前となった今、肌荒れが気になるという人が急増しているんです。それはマスクの脱着による摩擦ダメージや、皮脂と水分のバランスが保てなくなっていることが原因です。

マスク荒れにはお肌の水分補給が大切!今回はマスクで肌荒れが起きる原因や予防のコツを解説いたします。

マスク荒れを実感する女性が急増!

新型コロナの影響で外出時のマスク着用が当たり前の生活になりましたね。可愛いデザインのものも多く発売され、お洒落の一部として楽しむ人も増えました。一方で、日常的にマスクを付けることで起きる肌荒れに悩まされる女性が急増しています。

20~49歳の女性を対象に実施されたwebアンケートによると、マスク着用によって「肌荒れが気になるようになった」が38.4%、「かゆみが気になる」が43.3%、「ニキビができやすくなった」が34.4%という結果に。(参考:資生堂「コロナウイルスの影響によって、美容に関する意識・行動で変化したこと」)

特に20~30代の女性がマスク荒れに悩まされており、「かゆみが気になる」という女性はどちらも過半数を超えています。仕事などで外出する人が多く、ライフスタイルも関係しているのでしょう。

どちらにせよマスク荒れを感じているという女性は、全体の約40%にのぼりました。マスクを付ける生活が当たり前となった今、多くの女性がマスク荒れを実感していることがわかります。

どうして?マスク荒れを引き起こす原因

ではなぜこれまでと同じようにスキンケアをしたり、美容に気を遣ったりしていても、マスクを付けることで肌荒れを起こしてしまうのでしょうか。その原因を詳しく見ていきましょう。

原因1.マスクの脱着により摩擦が起きる

マスクの脱着を繰り返すことで起きる摩擦により、肌荒れを引き起こしてしまいます。肌は摩擦を受けると、外部からの刺激や異物から肌を守るバリア機能が低下して、とてもナイーブな状態になります。すると肌が持つ水分を逃がしてしまったり、ちょっとした外部の刺激でもかゆみを感じてしまったりするように。かぶれやニキビもできやすくなります。

かゆみを感じたときに掻いてしまうと、ナイーブになった肌は炎症を起こしてしまい肌荒れが悪化することもあるため注意が必要です。

原因2.ムレることで細菌が繁殖しやすくなる

マスクの中は吐いた息によって温度と湿度が高くなっています。マスクを長時間付けていると、ムレを感じることはありませんか?温度と湿度が高くなることで生じるムレは、肌に細菌が繁殖しやすくなる状態を作ります。それだけでなく、皮脂や汗も過剰に分泌されることでかゆみやニキビの原因に。

特に夏場は皮膚温度が上がるため、マスク内はより温度と湿度が高まり、冬場よりも肌が荒れやすい状態を作ってしまうのです。

原因3.マスクを外したときに水分が奪われ乾燥する

マスクを外すと肌の水分が奪われ、乾燥肌の原因を作ってしまいます。これはマスク内と外の気温と湿度の変化により、内部の湿気が蒸散してしまうからです。湿気がマスクの外に出るのと同時に肌内部の水分も逃げてしまうため、肌が乾燥してしまうのです。

肌が乾燥するとかゆみが出たりかさつき、ごわつきを感じたりしてしまうことも。マスクは付けるだけでなく外すことも、肌荒れの原因に繋がります。

原因4.マスク素材による刺激

マスクの素材によって、肌が刺激を受けているケースもあります。特に不織布タイプのマスクはゴワゴワとした素材のため、肌がダメージを受けやすいです。また洗って繰り返し使えるマスクでも、繊維に残った洗剤が肌を傷めてしまう可能性もあるでしょう。

お肌の水分補給を!マスク荒れを防ぐコツ

日常的にマスクを付けたお肌はナイーブな状態で、乾燥も進んでいます。そんなときはお肌に優しいスキンケアでしっかり水分補給をしてあげましょう。ここからはマスク荒れを防ぐコツをご紹介いたします。

低刺激のスキンケアアイテムを使う

マスク荒れが気になるときは、低刺激タイプのスキンケアアイテムの使用をおすすめします。バリア機能が低下したお肌は外部からの刺激を受けやすく、日頃使っている化粧水や乳液に衣類など、いつもなら何でもないことでも刺激になってしまいます。そのためお肌に負担の少ない低刺激タイプのアイテムで、優しく丁寧にケアすることが大切です。

具体的にどんなスキンケアをすればいいのかというと、帰宅後は皮脂や汗を肌に残しておかないためすぐにクレンジングをし、洗顔料はたっぷり泡立てて手が肌に触れないよう泡のクッションで優しく洗いましょう。

化粧水や乳液は、手のひらにとって丁寧に肌へ塗っていきます。ベタつきが気になる夏場は保湿を避けたケアをする人も多いですが、バリア機能が低下しているときは夏場であっても、手厚い保湿ケアをしてくださいね。

保湿力の高いクリームを使う

スキンケアが終わったあとは、ワセリンなど保湿力の高いクリームを塗布しましょう。クリームによってうるおいを与えることでバリア機能を整えて、温度と湿度の変化による乾燥や肌荒れから、肌を守ってくれます。

日中もマスクが頻繁に触れて乾燥が気になるところがあれば、汗を拭きとりクリームを塗るのもOK。あらかじめケアして、肌荒れを予防しましょう。

汗をかいたらこまめに拭く

マスク内部の汗をこまめに拭くことも大切です。先ほど説明したように、汗をかいた肌は細菌が繁殖しやすい状態です。そのまま放置しておくと、ニキビなどの肌トラブルを招きかねません。

ガーゼやティッシュなどの柔らかい素材のものでこまめに汗を拭くことで、マスク荒れを防げます。

しっかり保湿してマスク荒れを防ぎましょう

お洋服を着たりメイクをしたりするのと同じように、マスクを付ける今。きちんとケアして肌荒れを防ぎたいですよね。マスク荒れの予防には、いつも以上にしっかり保湿することが大切です。

マスク荒れに悩んでいる方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてださい。もし肌荒れが悪化したり改善が見られなかったりする場合は、これ以上ひどくなる前に皮膚科に行くことも検討してくださいね。

「マスク荒れ」にはお肌の水分補給を!肌荒れの原因と予防策
フォロー

この記事を気に入っていただけたら
フォローをお願いします。

サラスティア PV

記事のカテゴリー

  • サラスティア

  • ライフ

  • 水問題

  • コラム

PageTop