お正月は若水で運気アップ!若水迎えの意味や起源を解説

お正月は若水で運気アップ!若水迎えの意味や起源を解説

若水(わかみず)という言葉ご存じですか?若水とは一年のはじめに汲む水のことで、その年の邪気や不幸を払う効果があると考えられています。平安時代から脈々と続く若水の文化。そんな伝統ある文化に触れる事で、いつもよりちょっぴり楽しくポジティブな気分でお正月を迎えることができるはずです。

この記事では、若水の意味や起源、決まり事について解説していきます。「この一年は絶対に失敗できない!」というあなたは是非参考にしてくださいね!

若水とは

若水とは、元旦の早朝に初めて汲む水のことを意味します。若水は縁起の良い水とされていて、これを体に取り込むことで一年の邪気や不幸を取り払えると考えられています。

かつては井戸や小川から汲んだ若水を神棚に備えたり、若水を使ってお茶や雑煮を造ったりする風習が全国的に見られましたが、現代でも一部地域でその伝統は受け継がれているようです。

若水は呼び方も地域や家庭によってまちまちで、「初水(はつみず)」、「福水(ふくみず)」、「一番水(いちばんみず)」、海の近い地域などでは「若潮(わかしお)」などと呼ばれていました。

若水迎え

元旦の早朝、井戸や小川に若水を汲みに行く風習を、「若水迎え」や「若水汲み」と呼びます。とは言っても、水道設備の発展した現代において、井戸や小川まで水を汲みに行くというのは少々現実味がありませんよね。

したがって現代では、水道水やペットボトルの水に対しても「若水」という言葉を使います。元旦の朝一番、何気なく飲んでいるそのお水は、一年の成功と失敗を分ける、大事な「若水」だったのです。

若水迎えの決まり事

若水迎えには、実はとってもユニークな決まり事やルールがいくつかあります。

  • できるだけ遠方まで汲みに行くこと。
  • 元旦の早朝、まだ人と会わない時間に汲みに行くこと。
  • 道中、もし人に会っても口をきかないこと。
  • 若水迎えは年男(お正月の行事を仕切る一家の大黒柱)が行うこと(地域によっては主婦が行う)。
  • 若水を汲む際には、お祝いの言葉を唱えること(地域差あり)。

いかがでしょうか。「道中で知り合いと会っても話してはいけない」というのはなかなかユニークなルールですよね。東京では「日本の宝を汲み上げろ」、津軽では「こがねの水を汲みます」など、地域によっては若水を汲む際に縁起の良い言葉を唱える決まりもあるそうです。

若水迎えの起源

この若水迎え、実は平安時代から続いている風習なんです。元々は立春(二月のはじめ)の早朝、天皇に井戸水を献上する宮中行事が起源だと考えられています。これが庶民の間にも広まり、若水迎えの年中行事として全国で行われるようになったわけです。

現代、水にはむくみ解消効果やダイエット効果があると考えられています。しかし平安時代、既に水は「再生の象徴」としてとらえられ、「若返り効果がある」と信じられていたことが分かっています。

私たちが「アンチエイジング!」と高級コスメやサプリをありがたがるのと同様に、当時の人たちもお水に特別なありがたみを感じていたのかもしれませんね。

若水の使い方

井戸や小川から汲んだ若水は、それだけでは効果を発揮しません。まずは神棚に供え、年神(としがみ)様を祀(まつ)ります。年神様は人々に幸福をもたらす神様で、お正月に各家庭にやってくると信じられていました。

残った若水で、お茶を淹れたり、雑煮を作ったりします。そうして作ったお茶や料理を体に取り入れることで、一年の邪気や不幸を払えると考えられています。

神様に水をささげるわけですから、当時の人々は、私たち以上に水に対して特別で神聖な力を感じていたのでしょうね。

大福茶で無病息災

若水で淹れたお茶を「福茶(ふくちゃ)」、正月に淹れた福茶を「大福茶(だいふくちゃ)」と言います。福茶には黒豆や昆布、梅干し、山椒などをいれてふるまうのが一般的。実はこの福茶にも、ちょっとした面白エピソードがあるので紹介します!

福茶の起源は、若水と同じ平安時代。当時の京都では疫病が流行っていて、庶民は苦しんでいました。そこで天皇の命を受けた空也上人(平安中期のお坊さん)は、自ら作った観音像に供えたお茶に梅と昆布を加え、庶民にふるまったのです。その結果、庶民の病状はみるみる回復していったのだそう。これを機に、正月に福茶を飲む文化が広まったと言われています。

もちろん、歴史上の逸話ですので、誇張や創作も含まれているのでしょう。しかし医学が十分に発展していなかった平安時代、庶民に希望を与えたのは信仰でした。「若水」や「福茶」の特別な力を信じていたからこそ、気を強くもち、治療に専念することができたのだとも考えられます。

若水迎えで邪気払い

この記事では、若水の意味や起源、若水迎えの文化について解説しました。元旦の早朝に汲む若水は一年の邪気や災いを払ってくれる特別な水です。

「ただの水」と思われる方もいるかもしれません。しかし、「病は気から」とも言うように、思い込みやメンタルの力は案外バカにならないものです。負けられない勝負や仕事の前、神社にお祈りに行くのと同様に、たとえ神頼みであっても希望をもつことがモチベーションを上げ、努力の原動力にもなります。

コロナ禍の現在、遠方に若水を汲みに行くことは難しいですが、元旦の朝一番のお水は、平安から続く伝統文化に思いを馳せながら大切に飲んでみてはいかがでしょうか。最高の形で一年のスタートを切れるはずです!

お正月は若水で運気アップ!若水迎えの意味や起源を解説
フォロー

この記事を気に入っていただけたら
フォローをお願いします。

サラスティア PV

記事のカテゴリー

  • サラスティア

  • ライフ

  • 水問題

  • コラム

PageTop