インナードライとは?改善できるスキンケア法や見分け方

インナードライとは?改善できるスキンケア法や見分け方

インナードライとは、肌表面は油分があるように見えても肌内部が乾燥している状態をいいます。オイリー肌向けのケアをしているのに改善されない、という方はもしかしたらインナードライかもしれません。今回はインナードライになる原因や見分け方、改善できるスキンケア法などを詳しくご紹介いたします。

インナードライとは

インナードライとは、肌表面はベタついているのに各層の水分が不足して乾燥している状態のことをいいます。

洗顔後は肌のツッパリが気になるものの日中はベタつきやすいなど、脂性肌と乾燥肌どちらの症状も持ち合わせている特徴があります。

例えば、肌表面のテカリやベタつきが気になりオイリー肌向けのケアをしているのにも関わらず、改善が見られないとき。気になる肌のベタつき、インナードライが原因かもしれません。

肌表面で油分を多く感じていれば、内部の乾燥には気づきませんよね。そのため知らない間にインナードライになってしまっている、なんてことも。自覚のないまま間違ったスキンケアを続けしまうと、より肌の状態を悪化させてしまうため要注意です。

改善するためには、まずは自分がインナードライかどうかを確認して正しいスキンケアをしていきましょう。

インナードライ肌の見分け方

インナードライ肌と混合されやすいのが、脂性肌と乾燥肌です。それぞれの違いから見分け方を見ていきましょう。

脂性肌とインナードライの違い

脂性肌とインナードライの共通点は、表面肌がテカリやすいという点です。そのため見分けが付きにくいのですが、「ツッパリ感」と「カサつき」に着目しましょう。

もしあなたが脂性肌の場合、カサつきや洗顔後のツッパリは感じないはずです。

一方でテカリに加えてカサつきが気になったり、洗顔後に肌のツッパリ感があったりする場合は、インナードライ肌である可能性が高いです。

乾燥肌とインナードライの違い

同じく肌の水分量が不足している乾燥肌とインナードライですが、何もしていない状態の肌で見分けを付けます。

乾燥肌は1日中乾燥していて、テカリやベタつきといった症状は出ません。しかしインナードライの場合は、日中肌がベタついたりTゾーンのテカリが目立ったりといった症状が出ます。

どうして?インナードライになる原因

ではそもそも何が原因でインナードライになってしまうのか。それは肌へのダメージだけでなく私生活が関係していることも。ここからは考えられる原因を見ていきましょう。

偏った食生活や睡眠不足

偏った食生活や睡眠不足といった健康的とは言えない生活を送ることで、インナードライを引き起こす原因を作ってしまうことがあります。

食生活で気を付けたいのは、脂質の多い食べ物です。スナック菓子や揚げ物、ジャンクフードなどは特に脂質が多いので避けたいところ。

脂質が多い食べ物ばかり摂ってしまうと、皮脂が過剰に出てしまいインナードライの原因を作ることに繋がります。他の栄養素もバランスよく摂取できるよう心がけましょう。

同じく気を付けたいのが、睡眠時間です。睡眠不足はあらゆる肌トラブルを引き起こします。

人は寝ている間に細胞に栄養を与え、ダメージを受けたお肌を修復する成長ホルモンを持っています。睡眠が足りていないとこの成長ホルモンが分泌されなくなってしまうため、お肌が自己修復されないのです。

するお肌の水分が失われた状態が続き、乾燥が悪化してインナードライ肌へとなってしまうというわけです。

バランスのよい食事としっかりとした睡眠は、肌の状態に直接関係するんですよ。

お肌の天敵!紫外線によるダメージ

お肌の天敵である紫外線。シミになるというイメージが強いかもしれませんが、紫外線は乾燥も引き起こす厄介な存在なのです。

特に注意が必要なのは、乾燥しないと思われがちな夏場です。夏は汗をかくため肌がベタつきやすく、乾燥によるカサつきを感じにくい季節です。そのためサッパリとしたタイプの洗顔料や化粧水で、スキンケアをしてしまう人も多いですよね。

しかしこの行為が、インナードライ肌を悪化させてしまうことも。日焼け止めなどを塗って紫外線を防ぐことはもちろん必要ですが、紫外線によって起こる乾燥ダメージもしっかりとケアしてあげなくてはいけません。

夏場は特に紫外線ダメージが強いため、インナードライ肌の人は冬以上に乾燥対策に力をいれたいですね。

疲れやストレスからくるお肌の乾燥

疲れやストレスがたまると自律神経が乱れて、血行不良を引き起こします。するとお肌に充分な栄養が行き届かなくなり、乾燥しやすくなります。

また老廃物も溜まりやすくなるため、吹き出物といった他の肌トラブルに繋がることも。

正しいスキンケアをして私生活も気を付けているのに肌の悩みが解消されない、という方は疲れやストレスが原因となっているかもしれません。

インナードライは肌内部が乾燥してしまう症状ですから、何より肌に乾燥ダメージを与えないことが大切です。

インナードライを改善するスキンケア法

インナードライを改善するには、正しいスキンケアをして肌の状態を良くしてあげましょう。ここからはインナードライ肌向けのスキンケア法をご紹介いたします。

クレンジングは潤いがキープできるものを

インナードライ肌の方は、潤いがキープできるクレンジングを選びましょう。

おすすめは、クリームやミルクタイプのもの。一方でオイルクレンジングは洗浄力が高く潤いをとり過ぎてしまうため、避けた方が良いでしょう。

クレンジングのポイントは、優しくマッサージするようにメイクを落とすこと。ゴシゴシと力を入れてしまうと、肌にダメージを与えて乾燥の原因を作ってしまいます。

アイメイク用やリップメイク用など、ポイントメイク専用のクレンジングを使い分けるのもおすすめですよ。

洗顔料は保湿力のあるもので優しく洗う

洗顔料はツッパリ感がなく保湿力のあるものを選び、優しく洗うのがポイントです。

洗顔ネットなどを使い泡立てたら肌に優しくのせて、手が肌に直接触れないよう円をかくように洗顔することで、肌へのダメージを最小限に抑えられます。

洗顔が終わったら38℃程度のぬるま湯で、ゴシゴシせずにお湯をかけながら丁寧に洗顔料を落としていきましょう。熱湯は肌へのダメージが強いので避けてくださいね。

また洗顔料を使うのは夜だけでOK。朝も使うと必要な皮脂まで洗い落とされてしまいますから、朝は水洗顔のみで済ませるのが良いでしょう。

化粧水で丁寧に肌の奥まで保湿をする

洗顔後はどんどん水分が失われていきますから、すぐに化粧水(または美容液)を付けましょう。

化粧水は保湿力の高いものがベスト。セラミドやヒアルロン酸が配合されたものなら、肌のバリア機能を高め保湿力も抜群のためより良いです。

適量を手に取ったら優しく肌に乗せ、こするのではなく手のひらで丁寧に抑えてプレスします。そうすることで肌の奥までしっかり保湿されますよ。

乳液やクリームでしっかり潤いにフタをする

化粧水をしたら、乳液やクリームを上から重ねて潤いにフタをしてあげましょう。

そうしないとせっかくつけた化粧水が蒸発してしまい、水分が外に逃げてしまうのです。乾燥を防ぐために、乳液などでしっかりフタをしてくださいね。

口元や目元を中心に、力をいれず優しく広げていくのがポイントです。

インナードライには正しいスキンケアを!

インナードライは正しいスキンケアを続けることで、改善が期待できます。また合わせて規則正しい生活やバランスのとれた食事も心がけたいですね。美しい肌は女性の憧れ。インナードライ肌に悩む方は今回ご紹介した内容を参考に、スキンケアを始めてみてください。

インナードライとは?改善できるスキンケア法や見分け方
フォロー

この記事を気に入っていただけたら
フォローをお願いします。

サラスティア PV

記事のカテゴリー

  • サラスティア

  • ライフ

  • 水問題

  • コラム

PageTop