水分不足のせい?「爪が割れる」「唇が乾燥する」原因と対処法

水分不足のせい?「爪が割れる」「唇が乾燥する」原因と対処法

爪が割れる、唇が乾燥する、その症状水分不足が原因かもしれません。体内の水分が不足すると、体調を崩すだけでなく爪や唇が乾燥するなどあらゆるトラブルを引き起こします。

特に乾燥しやすい冬は注意が必要です。本記事では爪が割れる、唇が乾燥する原因と対処法や水分補給による対策方法などを詳しくまとめました。

爪が割れる原因は水分不足が関係

冬になるとセーターやタイツに爪がひっかかってストレスに感じる、なんて経験ありませんか?それは乾燥しやすい季節にも関わらず水分が足りていないのが原因かも。

ではなぜ水分不足になると爪が割れるのか、原因と対処法を見てみましょう。

水分不足になると爪が割れるのはどうして?

健康的な爪の状態であるには、爪の水分量が12~15%程といわれています。

しかしその水分量が減ってしまうと、爪が乾燥してしまいツヤがなくなり、二枚爪やひびさらには割れるといった症状があらわれてしまうのです。

理想的な水分量が保たれた健康的な爪は、表面にツヤがありなめらかです。触ったときにザラザラとした感じがあったり、縦線が入っていたりする爪は、乾燥している証拠。

爪の健康状態は、水分量が大きく関係しているということです。では爪が割れてしまった場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

爪が割れるときにできる対処法

ネイルオイルやハンドクリームを使うことで、爪の乾燥を和らげることができます。

また、甘皮を適切にケアすることも大切です。というのも、甘皮は爪に必要な栄養や水分を吸収してしまいます。甘皮が残っているとより乾燥が進み、爪が割れたりひびが入ったりする原因となるのです。

オイルやハンドクリームを使うだけでも甘皮はある程度処理できますが、ぬるま湯に5分程指先を入れて甘皮をやわらかくしたら、綿棒などで優しく拭き取ることで、よりしっかり甘皮ケアができますよ。

あまりやり過ぎるとかえって爪を傷めてしまいますから、頻度は2週間に1度程度でOK。自分では難しいという方は、ネイルサロンでプロにお願いするのも良いでしょう。

ネイルをする場合は爪に優しいものを選ぼう

女性にとってはネイルもお洒落の一部ですよね。できれば爪の状態が良くないときは、ネイル自体避けたほうが良いです。

もしする場合は、爪に負担の少ない優しいものを選びましょう。

例えばマニキュアなら水性タイプのものや、自然由来の成分で作られたものなら爪への負担も少なく済みます。

除光液はアセトンの入っていないものを選びましょう。アセトンタイプはよく落ちるのですが、乾燥しやすいため爪が傷んでいる場合は避けたほうが良いです。

ジェルネイルをする場合、最も避けた方が良いのはハードジェルです。強度がある分爪への負担が大きくなります。ソフトジェルもできれば避けたいところ。

ジェルネイルは長期間つけたままになるため、その分爪表面にフタをした状態ですから、どうしても乾燥しやすくなります。

もしジェルネイルをしたい場合は、弱酸性タイプなど爪に負担の少ないジェルを取り扱っているサロンを探してくださいね。

唇が乾燥する原因も水分不足

唇が乾燥する原因も、水分不足である可能性が高いです。唇は季節問わず、荒れやすいパーツなんですよね。一年中リップクリームが手放せないという人も多いのではないでしょうか。ここからは唇の乾燥と水不足の関係を見ていきましょう。

水分不足になると唇が乾燥するのはどうして?

唇には潤いを作り出すための、皮脂腺と汗腺がほとんどありません。そのため体内の水が不足してしまうと、唇が乾燥してしまうのです。

また唇は角層自体が薄いため外部ダメージも受けやすく、水分を保つ力が弱いのも乾燥しやすい理由です。

唇が乾燥するとひどいときには痛みが出たり、リップメイクが映えなかったりと、辛い状態ですよね。

ストレスや内臓の不調によって唇が荒れることもありますが、日頃から水分をあまり摂らないという人は、水分不足が原因による乾燥である可能性が高いかもしれません。

唇の乾燥には保湿アイテムで対処しよう

唇が乾燥してしまったときは、リップクリームやバームなどの保湿アイテムを使って対処しましょう。

乾燥がひどくガサガサした状態になってしまっている場合は、薬用または医薬品タイプの保湿アイテムがおすすめです。もし乾燥によるかゆみが出ているなら、保湿をすることでかゆみも抑えられますよ。

リップクリームの成分によっては、自分の体質と合わない場合もあります。体に合わないものを使っていると、より唇が荒れてしまうことも。

唇の皮膚が弱い人や成分が気になる場合には、オーガニック成分のリップクリームまたはワセリンを使って保湿するのが良いでしょう。

唇が乾燥したとき避けたいNG行動

唇が乾燥しているとついついやってしまいがちな、唇をなめる行為。実はより唇の水分を奪ってしまいます。

というのも、なめることで唇を覆った唾液はやがて蒸発してしまうため、その際唇にある水分も一緒に失われてしまうからです。唾液によって水分を与えられるように思えますが、実際には乾燥を招く行為のため、注意しましょう。

またガサガサした唇の皮を剥いてしまうのも、避けたいNG行動の一つ。皮を剥いてしまうと血が出てそこから炎症を起こし、また皮が剥けてしまうという悪循環が生まれてしまいます。

唇が乾燥しているときは、舌や手で触れるのは極力避けるようにしてくださいね。

爪と唇の乾燥を防ぐには水を飲むこと

爪と唇の乾燥を防ぐには、水を飲んで内側から水分補給することが必要です。

爪と唇は通常の肌にある皮脂腺と汗腺がほとんどないため、自ら潤いを作ることができません。ですから体内に水分を入れて、内側から潤いを与えなくてはならないのです。

1日1.5~2リットル程度の水を飲むのがベスト。人間の体が一度に吸収できる水の量は200ml程度ですから、相当量にあたるコップ一杯程度の水をこまめにわけて飲むようにしましょう。

水分補給といっても、お茶やアルコールなど飲み物ならんでもいいというわけではありません。カフェインが含まれるお茶やコーヒー、アルコールには利尿作用があります。そのためそのままの水、またはノンカフェインのお茶が理想的です。

水には爪や唇の乾燥を防ぐだけなく、美肌作りやむくみ予防など、女性にとって嬉しい効果もたくさんあるんですよ。

水分不足というのは、健康面と美容面どちらにとっても天敵なのです。水分を適切に摂ることで、健康と美が作られるといっても過言ではありません。

詳しい水の美肌効果やダイエット効果、水の飲み方については下記の記事も参考にしてみてください。

乾燥しやすい季節はより水分補給を意識しよう

爪が割れる、唇が乾燥するのは水分不足が原因であるというのがおわかり頂けたと思います。適切な対処をすれば症状は落ち着きますが、事前に防ぐためにはしっかりと水分をとって内側から潤いを与えることが大切です。

乾燥しやすい冬の季節は、とくに意識して水分補給をしたいところ。喉が渇きにくい分あまり水を飲まないという人も多いかもしれませんね。そんな冬だからこそ、夏以上に意識して水を飲むことで爪の割れや唇の乾燥を防げます。

さらには美容面で嬉しい効果も期待できますから、しっかりと水分補給をして健康と美を保っていきましょう。

水分不足のせい?「爪が割れる」「唇が乾燥する」原因と対処法
フォロー

この記事を気に入っていただけたら
フォローをお願いします。

サラスティア PV

記事のカテゴリー

  • サラスティア

  • ライフ

  • 水問題

  • コラム

PageTop