天然水とミネラルウォーターの違いは何?

天然水とミネラルウォーターの違いは何?

天然水とミネラルウォーターの違いは、水の処理方法にあります。最近ではコンビニやスーパーで販売される水も多種多様です。ペットボトルの水は全てミネラルウォーターと認識されがちですが、天然水は別物でありそれぞれ違う特徴があります。あまり一般的には知られていない天然水とミネラルウォーターの違いについて、詳しく解説していきましょう。

天然水とミネラルウォーターの違い

天然水とミネラルウォーターは同じものだと思っている方も、少なくありません。どちらも同じ水ですが、処理方法に違いがあります。天然水にひと手間くわえたものが、ミネラルウォーターです。

スーパーなどで市販されているペットボトルの水に「富士山の天然水を使用しています」などの文言が記されているものがありますよね。つまりは天然水になるわけですが、こちらもミネラルウォーターだと思っている方が大半でしょう。

天然水はろ過や加熱殺菌などを除いた処理をしていません。また使えるのは特定の場所から採水された地下水のみです。ミネラルウォーターは天然水にミネラル分を加えて不純物を余ることなく除去した状態の水です。

『品質を安定させるため以外の処理をしていない』のが天然水、『天然水にミネラル分の加工など物理的な処理を加えた』のがミネラルウォーターというわけです。

他にもナチュラルミネラルウォーターやボルドルウォーターなどを、聞いたことがありませんか?あまり知られていませんが、水には種類があるのです。

水の種類や特徴

天然水

天然水は特定の水源から採水した地下水を使っています。

ミネラルウォーターとちがい、ろ過や加熱殺菌など安心して飲むための最低限の処理しか行いません。採水されたままの天然の味わいをキープしたお水です。

天然水として定められる地下水は7種類あります。

天然水の水源 種類と特徴

湧き水地中から自然に湧き出る水
鉱水ポンプ等で採水しミネラル分により特徴付けられる地下水
鉱泉水ミネラルと炭酸ガスを豊富に含み水温25度未満で自噴する地下水
伏流水川の底の面に浸透して流れる水
温泉水ミネラル分が豊富で地水に染み込んだ水が地熱によって温められた水
浅井戸水10m以内程度の浅い位置にある地下水
深井戸水浅井戸水より深い位置にありミネラル分を多く含む地下水

天然水に含まれるミネラル分の量や味わいは、水源によっても異なります。市販された天然水を購入する際は、どこの水源なのかを確認してみるのも面白いですね。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは天然水を原水とし、ろ過や加熱殺菌の他にも紫外線殺菌やオゾン殺菌などを行い、不純物を余すところなく除去したものです。

ミネラルウォーターは天然水に物理的な処理を加え殺菌や脱臭をしているため、安全性に優れているのが特徴です。しかしその作業時に天然のミネラル成分が失われてしまいます。そのため他のミネラル分を加える必要があるのです。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターは天然水に分類されており、そのなかでも鉱化された地下水を使っているものをいいます。

鉱化された地下水というのは、地表から浸透して地下を移動または残留している間に、地層中のミネラルが溶解した水のこと。

天然水同様、ろ過や加熱殺菌以外の処理を加えていません。天然水よりもさらにミネラルを多く含んでいるのが特徴です。

ボトルドウォーター

ボトルドウォーターは聞き馴染みのない方も多いかもしれませんね。ペットボトルやウォーターサーバー用のボトルなど、容器に入れられた水のことをいいます。

また水道法で規定されている基準に照らし合わせ、飲用に適していると認められています。しかしボトルドウォーターは水の処理方法が限定されていないため、飲用に適しているとなるまでの処理がどのようなものであっても決まりはありません。

天然水は安全なの?

日本産の天然水は、安全性が高いといわれています。

というのも、そもそも天然水は採水できる水源が定められている上に、ろ過や加熱殺菌など安全に飲むために必要な処理がしっかり行われているからです。採水した天然水をそのまま容器に詰めて販売しているわけではありません。

安心して飲むため最低限の処理を行いながらも、自然の美味しさを損なわず提供できるのが天然水です。

ただし国によっても天然水の処理方法は異なります。例えばヨーロッパでは、天然の水に何も手を加えず容器に入れて販売をしています。というのも、原水に加工や調整を加えて成分を変えることが、ヨーロッパでは禁止されているからです。

代わりにヨーロッパでは水源の環境基準が厳しく定められています。そうして水源の汚染を防ぐことで、加工を加えない状態で提供ができるのです。

この様に国によっても違いがありますが、日本で天然水を飲む場合も注意しなければならないこともあります。

環境省が定めた名水と称される、湧き水や地下水が流れる場所を見たことがありませんか?観光客や地元住民のためにあるものですが『そのまま飲めるおいしい水、ということではなく、必ずしも飲用に適しているとはいえない』という明記がされています。

自然豊かな場所の水は安心して飲める気がしてしまいますが、周辺地域の影響を受け水が汚染されている可能性もあり、必ずしも安全とは言いきれません。飲用に適していない場合もあるため注意しましょう。

【天然水とミネラルウォーター】飲用に向いているのは?

天然水とミネラルウォーターの違いはお分かり頂けたと思いますが、実際にスーパーやコンビニで飲料水を買う場合、どちらを選べばいいのか悩みますよね。

天然水には自然そのままの味わいをキープできると同時に、天然のミネラル成分をそのまま含有できるという特徴があります。一方ミネラルウォーターは、ろ過や加熱殺菌をされた天然水からさらに余すところなく不純物処理を行い、安全性に優れているのが特徴です。

自然そのままの味を楽しみたいなら天然水、高い安全性を求めるならミネラルウォーターがおすすめ。

とはいえ市販されている水は天然水でも安全性が高いため、天然のミネラル成分を身体に取り入れられるというメリットを考えれば、天然水が一歩リードしているように思えます。

しかし市販される水は、様々な産地の天然水や硬度の違うミネラルウォーターなど、多種多様ですよね。産地や硬度によっても味が違いますから、自分の好みや体質に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

水の味を決めるのは”硬度”

水の味を大きく左右するのは硬度です。水はいくつかの種類に分類されていますが、そのなかでも水の硬度によって硬水と軟水に分けられます。

日本の水道水は沖縄などの一部の地域を除き、軟水が使われています。軟水は水に含まれるマグネシウムとカルシウムを表した数値である硬度が0~100mg/L未満の水で、口当たりが軽く飲みやすいのが特徴です。

一方硬水は硬度が100mg/L以上の水で、口当たりが重く苦みを感じることも。ヨーロッパやアメリカなどは硬水が一般的ですが、日本人は飲み慣れていないため独特な風味が苦手に感じる人も多いですね。

水は産地や種類だけでなく、硬度によっても味が大きく変わります。

水は自分に合ったものを選ぼう

天然水は自然そのままの味わいを損なわない水で、ミネラルウォーターは天然水を原水として徹底的な不純物除去を行った安全性に優れた水です。私たちの暮らしに欠かせない水ですが、同じに思えても色々な種類がありそれぞれに特徴があります。自分の好みや身体に合うものを選び、より美味しく水を飲みましょう。

記事のカテゴリー

  • サラスティア

  • ライフ

  • 水問題

  • コラム

PageTop